Zigenオールインワンフェイスジェル 副作用

ZIGENオールインワンの最安値販売店はコチラ!!

フェイスジェル

Zigenオールインワンフェイスジェルの副作用は?

 

 

男性特有の心配に成果があるとして、
高い評価を受けているZigenオールインワンフェイスジェル。

 

 

 

何故クリームではなくジェルなんでしょうか?

 

 

 

Zigenオールインワンフェイスジェルは何故ジェルに固執した?

 

 

市販で提供されているオールインワン化粧品は、
オイル土台のクリームタイプが一般的ですが、ZIGENではノンオイルのジェルタイプにこだわりました。

 

 

その訳は、オイルではなくアイテム通例の保湿力で肌を整えてもらいたいからです。

 

 

更に、アイテムの質感をキープする為の
「粘度すり合わせ剤」を使用しない事で、
みずみずしく柔らかいジェルのままで用意する事が実現出来ました。

 

 

 

?ジェルとクリームの異なる点ジェルは透明であったり半透明だったりするので、
水分が多そうで、クリームは白や薄黄などのコッテリな色が着いているので、
油分が多そう、と言った感じを持つでしょうか?

 

 

普通に、ジェルは水溶性成分(保湿成分)が多く配合され、
そこに、美容成分や増粘剤(粘り気をつける)などを配合してみずみずしい感じのものになります。

 

 

クリームの時はジェルほどではないのですが、
水溶性成分(保湿成分)も割と多く入っていて油性成分もふんだんに配合され、
そこに美容成分や、界面活性剤などが配合されて作られています。

 

 

ですから、使用した時の感触や肌へのなじみも差異ます。

 

 

ジェルには水溶性成分が多々あるので、
肌に染みこんでいくような感じや、うるおい感があります。

 

 

 

ただ、油性成分が少ない分、
保湿感が物足りなく感じる事もあるかもしれません。

 

 

その分、汗・皮脂が気に掛かる時もさわやかな利用し
心地があるので暑い季節などに高評価があるようです。

 

 

クリームは、油性成分が多々あるので、
しっとり感を感じるので、冷たい季節には良いでしょうが、真夏はちょっと重たい感じがあるかも知れません。

 

 

この様に、ジェルは保湿成分を角質層まで染み渡るさせるためのもの
クリームは蓋をして保湿成果を高めるものと言えます。

 

 

ジェルはオールインワンタイプの化粧品で単独で使用する事も多く、
粘り気もあるのでペインティングやすいと言うポイントもあります。

 

 

クリームは、蓋をするためのものなので、
先に化粧水や美容液を使ってから塗る事が多く、単独で使用する事はないのです。

 

 

クリームの時は脂性肌の人は油分がニキビの
きっかけになってしまう見込みもあるので、ジェルを使った方が良いかもしれませんね。

 

 

以上の事から、メンズコスメとしては肌に水分量の少ない男性には
、保湿成分をタップリ含んだジェルタイプの方がユーザビリティが高いとも言えますね♪。

 

 

しかも副作用と呼ばれるものは配合されていません!